公務員から民間企業に転職する際に注意すること

今も昔も、「安定した職業」の筆頭として人気の"公務員"。

 

公務員になるためには、公務員試験に合格する必要があるのは周知の事実ですが、「国家公務員」「地方公務員」ともに難易度は高いです。

 

そういった試験を合格した後に、晴れて公務員になった人でも、「民間企業」へと転職する人がいます。

 

その大きな理由は、以下のようなものです。

 

・公務員は仕事に対してやりがいが感じられない
・もっと日々変化があるような仕事をやりたい

 

基本的には、就職した後に、自分が望んでいた働き方とは違うということを認識し、これから先もその職務内容が大きく変わることはないであろうというのが、民間企業へ転職を望む理由となっています。

 

これは公務員からの転職に限りませんが、25歳くらいまでならば、未経験の職種への転職というのも比較的寛容に受け入れられますが、30歳を超えてくると、「異業種+異職種」へと職を変えるのはかなりハードルが上がります。

 

あまり理想だけを追いかけずに、自分が公務員の職務の中で、「何を築き」そして、次の職種で「どのように活かすことができるか」ということを明確にしておきましょう。

公務員から民間企業への転職するためには?

公務員から、一般企業へと転職を行うにはどうすればいいのでしょうか?

 

一般企業の求人は、現在では転職サイトやハローワークで簡単に確認できるので、その中から自分が興味あるものに応募するという手があるでしょう。

 

ただ、ハローワークの利用に際しては、どうしても登録の時に公務員であることがバレるため、転職しようとしていることが自分が勤めている部署に、漏れ聞こえる可能性がありますので、基本的には避けるようにしましょう。

 

どこからどう情報が漏れるか、想像もしないところで拡がっている可能性があります。

 

転職サイトで選んだ求人に自分から直接応募する人も多いでしょうが、転職エージェントなどを活用して、転職活動をサポートしてもらうのもいいでしょう。

 

公務員として働いていると、そう言った企業と関わる部署でない限りは、一般企業の常識や、どのような仕事なのかということがわからない人が殆どです。

 

ですので、一度「転職のプロ」に相談してみるのも手です。

 

今では数多くの「転職エージェント」があります。

 

公務員で専門的な部署に属していない場合は、広く求人を確認する必要が出てきますので、「リクナビNEXT」や「DODA」と言った総合系のエージェントを利用するのがベストです。